インスタグラム

11/21/2015 § 1件のコメント

ご無沙汰続きですが、最近こちらの方に写真を載せてます。よろしければチェックしてみてください。

IMG_3040

広告

スタジオ復帰!

11/01/2015 § 6件のコメント

手術後の経過もすこぶる良く、先週からボチボチと作陶を再開いたしました。IMG_3086

前回のブログで入院したとわざわざ記述したのは、日本では手術後の入院は当たり前の事やと思うんですがアメリカではあまりない事で、当初の予定では日帰り手術やったんです。ちょっとした事情で入院、しかも2泊もする事になって、アメリカ入院事情を知っている友達の驚きをかってしまったのですが、その後の経過はすこぶる良く、今ではすっかり普通の生活に戻りつつあります。

家での養生中は少しお裁縫などもしていたのですが、もちろんハナビの興味を誘い布断ちが中断し長々と時間を要しましたが、この可愛さが快復の多大な助けにもなったのでした。IMG_3202 IMG_3207 IMG_3212 IMG_3214

順調に快復中!

10/15/2015 § 8件のコメント

先週、人生初の手術なんぞを受けまして、

予定していなかったアメリカで初の入院を、しかも2泊もする事になったのでした〜。IMG_3155

身体の中に出来た余分ながらも悪腫瘍ではないものを取り除く手術だったので、ご心配無用でごさいます。元々至って健康体、今回の腫瘍除去に伴い益々パワーアップする予定ですので乞うご期待。

でもご多分にもれず、開腹した所が咳などの時にズキズキと痛んだのですが、色々経験されていて物知り博士で人の良い友達が、すごい画期的な物をお見舞いに持って来てくださいました!それがこちら⇩IMG_3135

機関車トーマスクッション!これただのクッションやないんです。くしゃみや咳の時に開腹部分に押し付けると痛みがかなり軽減されるという優れもの!その効果はもうすごいんです!IMG_3126

これを読んで”眉につば”を塗ってる方がいたら開腹して試してみてください。(もちろん冗談ですよ。開腹は疲れます。) 今は私の行く所トーマスあり!今回ものすごく良くしてくれた夫よりも距離の近いトーマス。これがなければ落ち付かない日々であります。

少しの散歩をしながらも、今はまだゆっくりと友達が貸してくれた本やDVDを楽しんでおります。

コラボレーションショー

09/07/2015 § 4件のコメント

今スタジオではコラボレーションショーを展示してます。IMG_2644IMG_2641

タイトル通りに一つの作品を数人のアーチストで作って展示するショーで、私は20数人が参加した「トーテンポール」と猫好き日本人3人で作った「ねこあつめ」で参加。

数ヶ月前から「ねこあつめ」に夢中な私達3人がコラボしてして作った作品。IMG_2462一番に売れたのは太っちょで食いしん坊の「まんぞくさん」でした。お弁当も付いてるまんぞくさんとお刺身。レセプションの日にたまたま観光で訪れていたオーストラリア人の方が購入してくださり、まんぞくさんはオーストラリアに旅立って行きました。IMG_2489IMG_2490

3人のうちの一人はレセプションの為に可愛いねこあつめクッキーも焼いてくれました。FullSizeRender

ねこあつめ最高です!

IMG_2310 IMG_2434

オランダ陶器の街デルフト、首都アムステルダム、最後はロッテルダム

08/29/2015 § コメントする

やっぱりデルフトは見とかんと!と言う事で行って参りました。IMG_1862

デルフト焼のお店がたくさんありましたが何となく写真を撮るのをはばかられ写真なし。

IMG_1855IMG_1863 IMG_1873

アムステルダムではアンネ・フランクさんが隠れていた家が博物館になっていると言うので行ったらすっごい行列でビックリ!友達が大昔に行った時はそんなに人気スポットではなくすんなり入れたそうで、入っても隠れてたくらいなので見学できる範囲は狭い所らしくこんなに人出があるとそら列にもなるわいな、と言う事でした。IMG_1763 IMG_1767

そしてレンブラントハウス。IMG_1786

街中には真っすぐではなく傾いてる古い家がたくさんありました。IMG_1792 IMG_1803

最後は戦争で古い町並みが破壊され近代的な建造物が主なロッテルダム。IMG_1882 IMG_1883 IMG_1888 IMG_1886

街中のピカソ。

ベルギーの後は最終目的地オランダ!まずはデンハーグとライデン。

08/24/2015 § 2件のコメント

ベルギーのチョコとワッフルに後ろ髪を引かれつつ最終目的地のオランダへ〜。IMG_1466

友達のご主人が政府機関にお勤めの為、まずはデンハーグ入り。ここにはフェルメールのあの有名な「真珠の耳飾りの少女」が常設されているマウリッツハウスや、だまし絵の巨匠エッシャーの美術館がありワクワクの滞在でした。IMG_1823 IMG_1628 IMG_1581 IMG_1612

そして鎖国時代の日本に滞在を許可されていたオランダ人医師シーボルトの博物館があるライデンへ。IMG_1713 IMG_1720 IMG_1717 IMG_1719 IMG_1712

このシーボルトさん、日本からオランダへ帰国する際に研究材料としてたくさんのいろいろな物を持ち帰ったらしく、この博物館はそれらの展示で成り立っていました。その品数がなかなかの量。葉っぱに始まり生活用品や装飾品、飼っていた犬やお猿の剥製も展示されていてビックリ! それらに付随して現代の日本アーチストの作品を展示しているコーナーがあったのですが、そこで案内してくれている学生さん風なスタッフの流暢な日本語には驚かされました!日本文化に相当興味があり、とても博識な方でした。IMG_1710

パリの後はベルギー

08/17/2015 § 2件のコメント

前回の書き込みからものすごい時間が経過していて、この次またいつ書き込みができるか分からないので駆け足でパリの後のヨーロッパ。

パリの後、ベルギーへ。IMG_0869

今回のヨーロッパ旅行の目的はパリでの友達の結婚式出席だったのですが、そのついでにオランダの友達にも会いに行こ!と言う事になり「それやったら途中のベルギーにも立ち寄ろうやないの」と言うのでベルギーはちょっと立ち寄りのつもりでした。が、しかし!この小さな国がものすごくよかった!チョコレートがおいしいだけやなく、美術品が素晴らしかった。

まずはブルージュ。IMG_0886 IMG_0888 IMG_0909

中世にタイムトリップしたような町並みで可愛かったです。観光客がすごかった!

そして首都ブルッセル。IMG_1007 IMG_1016 IMG_1014 IMG_1257

ここは首都でただの街だからスキップしてもいいよと言う人がたくさんおられたのだけど、宮殿や大好きなブリューゲル一家の作品がたくさん所蔵されてる王立美術館もあり私は好きでした。

そしてベルギー最後の目的地、アントワープ。最初に到着した駅から素晴らしかった!IMG_1283 IMG_1321 IMG_1431

アントワープはもう一度ゆっくりと行きたい所。フランダースの犬で最後にネロがルーベンスの絵を観ながら天に召される教会がありルーベンスの作品はさすがに圧巻でした。この教会でプライベートツアーガイドに参加。主人と私の二人だけでガイドのおじさん、すごく丁寧に隅から隅まで説明してくれたのはいいのだけど2時間ちょっとかかり、行きたかったルーベンスハウスの開館時間に間に合わず。絶対、再度行きたい場所です!

IMG_1354 IMG_1359 IMG_1342